So-net無料ブログ作成

中川翔子が炎上騒ぎに合う、それがなんと障害者タレントと同じことに気が付いた [芸能人のいざこざ]

中川翔子 乙武洋匡 炎上 猫 店 ツイッター 理由 影響力 について書きます。


おはようございます。
中川翔子さんが炎上騒ぎにあいました。
何があったのでしょうか。

427307c6.jpg

きっかけはある一般人のツイッターにおいて捨て猫二匹を保健所につれていった。
誰も買い取り手がいないのが悲しい。とつぶやいたところ、
しょこたんが「保健所に連れて行くな」とコメント。

すると中川ファンとみられる多数のアカウントから批判が殺到し
保健所をつぶやいた方はアカウント削除にまで追い込まれました。
で、中川さんはその後「人への理不尽な攻撃をする人々がいたことが非常に残念」
と、つぶやいたところ、お前もそうだろ。
自分で炎上をあおっておいて何他人事でいられるんだよ。

という形で今度は自分自身が炎上にあってしまったとのことです。
また、中川さんはかつてうさぎの毛穴(リアルファー)を使ったショートパンツを販売。
で、これらについて中川さんは自身の正当性を主張してアカウント削除に追い込まれた人には
謝らないという立場を貫きました。

まあ、自分の発言は間違っていないというのはわかります。
ただ、中川さんの発言を通してそれに感情で反応する人があまりにも多いという事実。
中川さんとしては自分の発言でまさか自分のファンやそれに乗っかって鬱憤を晴らしたい人。
こういった人たちが保健所ツイートした人に攻撃するとは思わなかったでしょう。

そして自分の発言が同時に今度は攻撃対象が自分に向かうとも思わなかったでしょう。
さらに自分の過去が掘り下げられるとは思わなかったでしょう。
でもって、ツイートした人の事情を知っていれば、保健所に出さざるを得なくなった。
ということから中川さんが率先して里親探しにも貢献できたはず。

だから世間は「中川は偽善者だなあ、エゴの塊だなあ」としか認識しないでしょう。
確かに中川さんは自分の素直な意見を書いただけで悪気はないんだけどね。


ところでこの騒動を見ているとつくづく障害者タレントの乙武洋匡がレストランで起こした
騒動の顛末そっくりだなあと感じました。

63af.jpeg

これは車いすだからと入店拒否されたということで店をさらして乙武ファンがそこに突撃。
営業の嫌がらせが続いたとのこと。
で、今はその店に関するツイートのほとんどを削除しているとのこと。
そしてファンから「店名を晒し続けた理由は」と質問を受けたところ、

当時はほとんど心神喪失状態にあって、削除するという選択肢が浮かばなかった
と質問に答えました。
すると、リツイートなどに「心神喪失状態するほど嫌がらせできる気力はあったんですね」
と、乙武さんに向かって再び炎上になったとのこと。

ということで、中川さんも乙武さんと同じコースをたどりそうですね。
猫ツイートがきっかけになり、しばらく中川さんは色々な過去を掘り下げられるでしょう。
人に怒る、その原因が何であれ怒るというのは人間としての行為です。

でも芸能人のつぶやきは本当に影響力があるんだなあ。
それがファンだろうが、普段からうっぷん晴らしをしたい人にとっては
いじめのネタになってしまう。

中川さんが強気なのはかつて苛められた経験があるからでしょう。
虐めの克服として大切なのは強気になることですからね。
今はこうだけど、数年たった時に冷静になったらどういう反応をとるか、楽しみです。

asoko.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

i-mobile
i-mobile
i-mobile

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。